HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Movies・Books

ドラキュラと献血

「彼のことが命よりも大切なのに
私の心は悲しい
ねたむ気持ちで見てしまう
幸せな人たちを
楽しい人生をおくる人たちを
一束のわらを私にください
この世界に火をつけるために」


最近、Transylvaniaという映画を観ました。
TSUTAYA更新のときにDVD借りて、ね。
前から見たかった作品というわけではないのだけれど、
どうしても新作が借りたかったので…って、ケチクセー理由。

冒頭の言葉は、
その映画からの引用です。

歪んでる…よね。
でも、
私もこの世界を壊してしまいたいと思う日があるので、
私の心も歪んでいるんだと思います。
だって結構共感しちゃうもん。

けど全体のストーリーは…正直あんまり覚えてないんだよねw
それよりも、
音楽とか映像の雰囲気とかがよかった。
華やかじゃないところが逆に。

ダンスのシーンで流れてた曲でも
「殺したいほど愛してる」
って歌詞があったよw
個人的にはあまり共感出来る気持ちじゃありませんが、
なんか、広い意味では、わかる気がしました。

殺意も憎しみも、
どうでもいい人間に対しては抱かないだろうからね。
かなり乱暴な言い方をすれば、
無関心以外は全て愛だとも言える気がします。

うーん、とにかく、
知っている人の誰も居ない土地に一人で行ってみたくなる映画。
人間、なんだかんだでどんな状況や環境でも生きていけるもんなんだなぁと、
励まされもしました。

あー、一人旅したい!
海外に一人で滞在したい。
語学を頑張るモチベーションにもなるよね~。

トランシルヴァニア
2006 フランス 102分
監督:トニー・ガトリフ
出演 : アーシア・アルジェント アミラ・カサール ビロル・ユーネル






そしてもう一つ。
バリバリのコメディです。
こちらもDVD。

舞妓Haaaan!!!

2007年 日本 東宝 120分
監督 : 水田伸生
脚本 : 宮藤官九郎
出演 : 阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 伊東四朗
     京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 大倉孝二 生瀬勝久 山田孝之 須賀健太 Mr.オクレ      日村勇紀 北村一輝 植木等 木場勝己 真矢みき 吉行和子 伊東四朗


いや~~~、これは笑いました!!
絶対観るべき!
笑って免疫を増強(?)しましょう!
なんたってキャストが最高過ぎるw
生瀬サン好きです。

舞妓さん可愛い…!
柴咲コウは「着物着てる女性」としてはフツーにキレイだったけど、
舞妓さんは似合ってなかったと思うな。
顔が小さ過ぎるし綺麗系過ぎる!
舞妓さんはもうちょい柔らかい感じの方が似合っている気がしました。
だから小出サンという方はレモン的には似合ってたと思います。

にしても、
伊東四朗って何であんな存在感あるんだ!?
画面に映ってるだけで笑ってしまいます。



もう一作品観たのですが、
それはまたの機会に。

* * *

いやー、
本日の佐々木夫妻~での小川(役名)の或る台詞に、
かなり共感でしたヨ。

「好きの反対は無関心だと思う」

っての!
まぁ先にそれを教えてくれたのはCHARAちゃんなんだけどねー。

だってさ、でもさ、ほんとそうでしょ?

怨んだり憎んだりするのも一種の愛だよ、やっぱり。
さっきも書いたけど。
怨恨により殺人を犯す人って、
或る意味情が深い人なんだと思うな。
まぁ私としては究極に無駄なことしてると思っちゃうわけですけどね。

憎い奴のために自分が牢屋に入る覚悟をするなんて、無駄過ぎる。
たとえ完全犯罪をしたって、
しかも実際足が付かなかったとしたって、
時効様々が訪れるまで一応ビクビクしてなきゃなんだからねー。
なんて献身的なんだろうか。

でも、少なくともある種の人々は、
憎しみがある一定の強さを超えたら、
自ら相手をこの世から消してやりたいと思うわけです。
まぁ細かい心理はわからないけど。
でも、
無関心なやつのために殺人を犯そうとする人は、
特殊なケースを除けば、まぁ居ないと思うのですよ。
というか無関心なやつをこらしめてやろうという気持ちにはならないと思うんだよね。
だってどうでもいいんだもん。
死んで欲しいとかいう以前に、
死んでも生きてても別に興味ないやみたいな。

だから、
無関心よりは、
殺されるほど憎まれた方がまだ悦ばしいことのような気がする。
もちろん、
自分がその相手に対して無関心であった場合には、
そんなことされちゃたまったもんじゃないわけですけどねw


ってか、
ディズニー特集の番組やってると、
「観ないの!?観ないの!?」
って親に訊かれるのがすっごく厭。

察しろと言っても無理な話かも知れませんが、、

でもグダグダ説明したりするのも厭なので、
耐えるしかありません。

はぁ。。。。。。。


一束のわらを私にください  この世界に火をつけるために
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://0tiny7girly2pinkish3.blog31.fc2.com/tb.php/567-628770a5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。