HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Movies・Books

味気ない景色なら、お砂糖をまぶしてお星様をちりばめて。

LOST IN TRANSLATION

2003年 アメリカ 102分
監督 : ソフィア・コッポラ
出演 : ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン


セクシーで知的で大人っぽくて美しくて、だけど、‘少女感’の残るひと。
しかも、どこか少年っぽささえ漂わせている。

スカーレット・ヨハンソンはそういうひとだと思います。
どんどん好きになってくなぁ。


というわけで、ロスト・イン・トランスレーションを観ました~。
まぁ、もうけっこう前のことなんだけどね。

確かに内容として凄く面白かったーとかではなかったのですが、
でも私はけっこう好きだなぁ。
ラブシーンがないところがとてもよい。笑。
だって嫌いなんだもーん!!!!!
特にDVDで観るときは厭でしゃーない…テレビが居間に一個しかないのでねw
てか、やっぱりソフィア・コッポラの作品は、映像のディテールがいちいち可愛くて好きです。

一番最初の、タイトルが出てくるところがまず可愛い!
あとはお部屋の桜とか。
カラオケのシーンのスカーレットのウィッグとか。

俯瞰したときは特に、
TOKYOには絵になる風景なんて皆無だと思ってたけど、
まぁ確かに東京の風景を映したシーンは別に綺麗だったわけじゃないんだけど、
でもそこここに素敵な絵が散りばめられていたと思います。


まぁ一言で言うと、
ある俳優がCM撮影のために来日して、
そのCM撮影んときの通訳がもう全然なってなくて、
俳優が困惑して疲れるってゆーストーリーなんだけど(はしょり過ぎw)、
あの通訳はないだろーーー!!!!!
極端過ぎじゃね?
それとも皆あんなもんなん~?
translation出来てなさ過ぎて衝撃でしたw

まぁタイトルの‘TRANSLATION’が意味してるのは、
「翻訳」のことだけじゃないと思うんだけどねー。
ねー。


あ、スカーレットの大学での専攻が哲学だったってのが個人的に嬉しかったですw
こないだ観た『ママの遺したラヴソング』のときの役柄と通じるものをちょっと感じた。
ちょっとだけだけど。
てゆか勉強をしているという点においてだけかもw





つーか、 ビル・マーレイってCoffee and Cigarettes出てたの!?
あとCharlie's Angelsも…気付かなかったよw
なんか口元がロビン・ウィリアムズに似てる気がする…なんかかわいい♪
ほいでもって、ロビン・ウィリアムズと言えば、
パッチ・アダムスのモデルになった方がまだ御存命だったということを、
今さっき知りました、、すみませんーーー!



今度の木曜日こそ何か映画を観たいものでっすー。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://0tiny7girly2pinkish3.blog31.fc2.com/tb.php/621-4c0d9b0f

【スカーレット・ヨハンソン】についてブログや通販での検索結果から見ると…
スカーレット・ヨハンソン をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。