HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>毎日のひとりごと

チャーン! ハーイ! それから、 バブ~~~。。

…四半世紀生存記念日まで2ヶ月を切ったことを考慮し、
悪ノリは自粛しないとなぁ、、と思いながら。
ね。

「本品は食べ物ではありません」てゆう類のものを、
口にしてみちゃったよよよよよーーー。

バブ…湯船の友達バブ……あわだまみたいデシタ。

炭酸飲料はダメだけど、あわだまは♪オッケーよ~♪てな感じで。


…引けば? 笑







暗黒の一週間が幕を開けました。

今週中に私の今後の人生がほぼ決まります、複数の意味で。
耐えかねる……待つことも、書くことも。


今から胃腸が不調、、どんだけメンタル弱いねーん。笑





今日チラッとバンキシャを見たんだけど、
その中に凄い不愉快な内容がありました。
四川の地震絡みだったんですが。

被災地の、地震後両親と連絡のとれなくなっている小学生へのインタビュー。

「パパとママに逢ったらどうしたい?」とか、
「(配給のお弁当について)ママの作ったのと比べてどう?」とか、
(↑細部に間違有かも)
色々訊いてたけど、
無神経過ぎない?

体の内側がギシギシ痛くなるくらいに、見ていて辛かったです。

自分がその子の立場だったら、
そんなこと訊かれたくないだろうなぁとか、
あのバンキシャのひとは考えなかったんだろうか。
どういう気持ちであのインタビューをしたんだろう。
理解に苦しむなー。。



だいたい、
今回の四川の地震に限らず、
悲しくて辛い事件があったときのインタビューって、
どれも見ていて怒りのようなものを感じるかも。

相手の涙を誘うような質問をわざと浴びせたり、
そうじゃなくても、
とにかく、涙をこぼしたら泣き顔を大写しにする。

そういうやり方が、私は大嫌いです。

そんなことしてる間に、
「困っているひとのために」出来ることが、
他にあるんじゃないだろうか。

まぁでも…
‘記録’も必要だと思うし、
そゆときには報道陣も全員カメラを捨てて救援活動に当たるべきだ!
とは、言えないけどね、、難しいモンダイですけど。






あー、、
にしても欝の階段一段一段降りてってるわぁ~!
白髪になってハゲそ…オブションで胃潰瘍もつけちゃってさ。

次の週末までダイブしませんよーに!笑
死ぬときゃ虹橋だぜぃwwwww(不謹慎
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://0tiny7girly2pinkish3.blog31.fc2.com/tb.php/626-23f3496a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。