HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>毎日のひとりごと

すぐに覚める夢の話 すぐに覚めた夢の話

ひさびさにゆっくりPC開いたなー。
というのも最近は活字中毒で。
眠れない夜のお供はもっぱら本だったので。

生協で文庫が安かったからいっぱい買ったんだけど、
私は複数のものをいっぺんに買うときには
一つ一つの値段を確認しないんですよね。
忘れるというか。
んで、
文庫と一緒に斉藤和義の特集の雑誌を買ったんですけど、
後でレシートを見たらその雑誌がけっこう高くてビックリしました。

文庫化を待ち望んでた『ユージニア』が文庫になってたから早速読んだのですが、
期待し過ぎてたせいかそこまでおもしろくなかったです。
読み進めていくうちに不安になっていくような内容とか紹介されてたけど、
別段ゾクゾクしなかったなぁ。
綾辻さんのダークな世界に慣れ過ぎて、
怖いという感覚が麻痺しているのかも。
うーん。

ガイコツより、蜘蛛と蜘蛛の巣が怖いや。





先月末に3回目の通院をしてきました。
それまでもらってた精神安定剤が、
少なくとも自分的には全然効かないので、
お薬が変わりました。
でも薬局の人は「今までの薬と同じような薬です」だって。
まぁ事実そうなんだろうけど、
でも薬を変えたってことはやっぱ、
最初の薬と新しい薬は違う特徴を持ってるってことですよね?
なんかウヤムヤにされてる気がした…上手く言えないけど。

効くって信じないと効かないよって言われたけど、
どーやったら信じれるようになるのかな?
風邪薬や何かは今更イチイチ「コレは効くんだ!」なんて思わないけど、
それは経験上風邪薬が効くってことを
無意識のうちに信じてるからなのかな。
逆に、
信じれば何でも効果をあらわすなら、
ラムネでもくれればいいのにみたいな。
でも、実際なんかそーいう実験あったよね。
ホントは薬じゃないものを「コレは薬です」って処方して、
効果をみる…みたいな実験。

薬じゃダメなんじゃないかなー。
意味ナイんじゃないかな。
状況を変えたいならカウンセリングとかしなきゃダメなんじゃなかろうか。
トモダチの前でも前向きなフリさえ出来なかったし。。

でも睡眠薬は効いたしなぁ。
それとも、
睡眠薬は怖くて最初にもらってから1ヶ月も飲めなかったし、
それって裏を返せば睡眠薬の効果を
(過剰なぐらいに)信じてたってことなわけで、
だから効いたのかなぁ。
一回飲んだら一生眠り続けるんじゃないかって思ってたもん。

睡眠薬って眠くなるのとはチョット違うんだね。
20分ぐらいするとフラフラしてきて、
とりあえずお布団に入るんだけど、
でもやっぱりそこから30分~1時間弱は眠れなくて。
でも飲まないよりはずっとマシだった。
薬飲まないと、
3時にお布団に入っても6時過ぎまで眠れないからねぇ最近じゃ。
あと、起きてからも夢を覚えてるようになった。
全部じゃないけど。

妙にリアルで、どっちが現実なのか実はあやふやだったりします。



夢の中で死んだら、
もう次の日からは夢の中に自分は出てこなくなるのかな。
この現実の私が消滅しても、
夢の中の私は無事なんじゃないかな。
ハリーポッターの中の写真みたいに、
知らないひとびとの夢を渡り歩いて、
エキストラとして出演するのかも。
私の夢からは外出中でね。

夢の中限定のソンザイだったらよかったのに。
ゆらゆらふわふわ自由な設定。
昨日は今日に、今日は明日に絶対的な影響を及ぼしたりしない。


そんなふうに
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://0tiny7girly2pinkish3.blog31.fc2.com/tb.php/650-b9d523cf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。